2009.08.08

8月中の休業日

いつも当店をお使い頂き有難うございます。

誠に勝手ながら、8月中の土曜日の営業をお休みさせて頂きたくお願い致します。

今後とも、ご贔屓にお願い申し上げます。

                                         店主

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.16

新装開店の御案内

20070809_000

お客様各位

毎度格別のご高配を賜り、誠に有難うございます。
芝栄太楼店主の内田でございます。

さて、7月20日(金)よりお休みさせて頂いておりました改装工事も無事終了致しました。
8月7日(火)より心機一転し、新装開店致しました。

20070809_001

すっきりと現代風に、新しく明るくなりました芝栄太楼です。
お届けいたします和菓子にも新しい趣を取り入れつつ、またその反面、当店の歴史ある最中や季節の和菓子は頑なに製法・原料にこだわりながら、次世代に残すべき芝栄太楼の和菓子を創造していきたいと思います。

今後とも何卒ご贔屓の程、宜しくお願い申し上げます。

uchida

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.07.02

店内改装の御案内

お客様各位

毎度格別のご高配を賜り、誠に有難うございます。
さて、来たる7月20日(金)より店舗並びに工場の改修工事のため、一時、営業をお休みさせて頂くことになりました。
その間、皆様方には大変ご迷惑をお掛けすることになりますが、何卒、ご了承の程お願い申し上げます。
尚、8月7日(火)より通常営業とさせて頂きますので、今後とも、ご贔屓に宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.26

芝栄太楼のお中元

nadeshiko

hanomidori

涼やかな透明感 くず桜
■当店のくず桜の特徴
葛桜の原材料である葛粉は、奈良は吉野産のもののみを使用しております。葛粉は単一の銘柄ではなく、複数の葛粉を独自の配合で使用しております。これにより、つるんとした「夏らしい」のどごしを楽しんでいただけます。

最近のこの類の「大量生産タイプ」の和菓子には「ゲル化剤」なる成分を使用したものが多く出回っている世の中です。もちろん当店では一切使用しておりません。

本物の味をお楽しみください。
■葛桜・・・1個 216円

お問い合わせ・ご注文・お取り置きはこちら

u001lin

風味すぐれた 若竹水ようかん
■当店の若竹水ようかんの特徴
水羊羹の竹は、わざわざ京都から取り寄せております「本物の竹」でございます。
これも「若竹」と名のる和菓子であれば「至極あたりまえ」の事でありますが、残念ながら類似する大量生産の水ようかんの中には、プラスチック製の竹に似せた容器を使った物が多く見受けられます。

だからこそ、当店は「本物」にこだわります。竹の香りがする水羊羹こそ、本物だと言えます。あんこは北海道の小豆だけを使用し、素直かつ奥深い風味を実現しております。
是非ご賞味下さいませ。
■若竹水羊羹・・・1個 270円

お問い合わせ・ご注文・お取り置きはこちら

u001lin

吟味したおいしさ 若鮎
■当店の若鮎の特徴
若鮎は、まるで川で取れた鮎のような、みずみずしくしっとりとした焼き皮が特徴です。秘密は焼き皮に配合された蜂蜜です。
焼き皮の中には、求肥(餅のような生地)で包まれた丹波大納言のつぶ餡が入っており、濃厚かつ贅沢な一品となっております。

■若鮎・・・1個 238円

お問い合わせ・ご注文・お取り置きはこちら

u001lin

日本の心を添えて、おいしい和菓子をお届けいたします。

創業明治18年。移り変わる時代の中で守り育まれた本物のおいしさをご賞味下さい。

u001lin

asagotoni

伝承の味 江の嶋最中(えのしまもなか)
enoshima
1つ1つ心を込めて作るおいしさ、源泉された国産小豆100%の旨みが、そのまま生きる風味豊かな最中でございます。どれもおいしい5色の味のバリエーションも自慢です。
大切なかたのおもてなしにもぴったりです。

江の嶋最中のご紹介(お日もち10日でございます)
8コ入 1,080円 税込み
18コ入 2,214円  〃

このホームページの掲載商品には、一部ご予約販売の商品もございます。

お電話での発送もた承ります。

「日もち」 は目安でございます。各商品の賞味期限をおたしかめの上、お召し上がりください。

お問い合わせ・ご注文・お取り置きはこちら


WEB SHOP 探検隊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.25

店主挨拶

芝栄太楼でございます

本日より、芝栄太楼の最新情報は、こちらのページでご案内する事となりました。
これまで同様、和菓子の芝栄太楼を宜しくお願い申し上げます。

uchida

| | コメント (0) | トラックバック (0)